特許庁 審査官

特許庁の著名な審査官

特許庁審査官には著名な方がなっていることもありますが、
著名な審査官は本野英吉郎という元読売新聞社の社長、植村昭三という元世界知的所有権事務局次長、そして八木橋正雄というギリシア語研究者、言語学者がいます。
海外での特許庁の審査官には物理学者のアルベルト・アインシュタインがスイス特許庁に勤務しており、
作曲家のクット・アッテルベリがスウェーデンの特許庁に勤務していて、このように特許庁に著名な審査官がいることも分かります。

著名な審査官がいるというのは、もちろん特許庁の資格に則って審査官となっていますが、
これらの著名人が審査官になっていることには、誰でもうなずけると思いますし、それだけの知識があるということが分かります。

審査官に著名人がいることは特許などの審査においてとても参考になるような知識もありますし、
このことからも特許庁の審査では様々な知識が必要であるということや、視野も広いほうがいいということが感じられると思います。
特許庁には、通常の職員から審査官になるにも様々な知識が必要ですが、
著名人もその審査官になるにも、多くの知識を有しているということからも、申請の審査に関して非常に役立っているのが分かりますね。

特許庁 弁理士試験

特許庁の弁理士試験情報

弁理士特許庁のホームページには受験地に関すること、試験会場に関すること、また受験の間中に関することに関して、それらを掲載しているので、弁理士試験につい確認しておくと良いということが分かります。

弁理士試験の免除制度に関しても、特許庁のホームページに掲載されていますが、短答式筆記試験、論文式筆記試験について掲載されていますが、
これらは合格すると2年間すべての試験科目が免除というようになっています。

特許庁のホームページには、免除を受けるにはどうしたらよいというのかが掲載されているので、受験願書に免除を受けることを記載して受験願書とそれらを証明する書面を提出することで免除が受けられるようになります。

必須科目を欠席し選択科目だけを受験しても採点してもらうことが可能と掲載されているので、
特許庁のホームページにも確認できますが、その場合は論文式筆記試験として不合格というようになります。

科目免除についてと詳しく掲載されているので、特許庁のホームページで確認することが出来ますので、
このようにホームページで確認することが可能となっているので、特許庁のホームページで確認しておくというのが大切です。

特許庁 ホームページ

特許庁のホームページコンテンツ

特許庁ホームページには、最初に特許行政サービス一覧やトピックス、更新情報が掲載されているのでそれらを閲覧することで、
最新情報を手に入れることが出来ますから有効活用が出来ることがいえます。

特許法の改正情報や、期間延長請求書の提出方法、商標料金についてなども、
この特許庁のホームページのトピックスから更新されていたりする場合には掲載されていますし、更新情報は、随時掲載されていて、分かりやすくどの項目に関わるのか色別のアイコンが下に表示されています。

特許庁のホームページに掲載されている特許行政サービス一覧については、料金に関する情報や手続き料金自動計算システムについて、新着情報メールマガジンなどが掲載されているので、
特にメールマガジンは申請する方や技術に関する職種の方は有効活用したいですね。

特許庁のホームページには、特許や商標にかんする法の改定があればその都度、改定前に余裕をもって掲載されているので手続きを行いたい人たちにとっては安心できるかと思いますし、便利に活用できます。

申請する人や技術者などは、特許庁のホームページを閲覧することでそれぞれが関係していることの最新情報を手に入れることがでいますので、
トピックスや更新情報はしっかりと確認をしておきたい項目であるということも言えますね。

弁理士本

【送料無料】弁理士受検新報(2008/8)

【送料無料】弁理士受検新報(2008/8)【送料無料】弁理士受検新報(2008/8)
弁理士受験新報編集部 法学書院発行年月:2008年08月08日 予約締切日:2008年08月01日 ページ数:111p サイズ:全集・双書 ISBN:9784587710439 本 人文・思想・社会 その他
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]

特許本

【送料無料】新・特許戦略ハンドブック

【送料無料】新・特許戦略ハンドブック【送料無料】新・特許戦略ハンドブック
知財立国への挑戦 鮫島正洋 商事法務発行年月:2006年10月 ページ数:705p サイズ:単行本 ISBN:9784785713690 鮫島正洋(サメジママサヒロ)東京工業大学金属工学科卒業。1985年、藤倉電線株式会社(現(株)フジクラ)に入社、エインジニアとして電線材料開発に従事し、筆頭発明者として40件を超える特許出願を行う。同社在職中に弁理士資格を取得。1992年から日本アイ・ビー・エム株式会社知的財産部所属、IBM社のノーベル賞受賞発明(1986年)である酸化物超伝導にかかる基本特許の権利化などの特許業務に携わる。1996年司法試験最終試験合格後、司法研修を経て、1999年弁護士登録。2000年から松尾綜合法律事務所、2004年7月より現職。特許訴訟・ライセンス交渉などの弁護士業務のかたわら,知的財産権と技術・ビジネス・法律をシームレスにリンクして、法的・知財的な視点で企業価値を向上させる新しいリーガルサービスを模索している。特許庁/地域中小企業知的財産戦略支援事業委員長、横浜市/横浜型知的財産戦略研究会座長、発名協会/知的財産管理アドバイザー及び派遣先大学選考・評価委員会委員長、東京工業大学特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) わが国における知財国家戦略/第1編 知財と企業経営(知的資産経営と技術法務の潮流/企業経営と知的資産マネジメント ほか)/第2編 知財と金融(知的財産の価値評価/利潤源泉としての知的財産の測定と開示 ほか)/第3編 知財と人事(知的人材育成/知的創造活動と企業報奨制度 ほか)/第4編 特許ポートフォリオ各論(特許工学/ソフトウェア・ビジネスモデルの特許ポートフォリオ形成 ほか) わが国を代表する17名の英知が結集!企業経営、金融、人事など様々なファンクションとの関連から、知財を論じた画期的な1冊!企業の命運を握るコンセプト・知識・ノウハウが凝縮。 本 科学・医学・技術 工学 その他 科学・医学・技術 その他
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。