特許庁ってどんな役所? > 特許庁 電子図書館 > 特許庁の電子図書館について

特許庁 電子図書館

特許庁の電子図書館について

特許庁には、特許電子図書館という総合的な産業財産権情報を保有しているものを創設して開放していて、
特許電子図書館は英語でIndustrial Property Digital Library通称IPDLと呼ばれています。

特許庁では、IPDLを創設することで、
産業財産権情報を公開していることで検索する人にとってはインターネットで特許庁で
このように検索できるということがとても便利ですし
審査経過情報などをこの電子図書館で情報公開されているので、
特許庁の電子図書館はこれから特許を申請する人にも、
特許について興味があり調べてみたい人にもとても最適で楽しめるものであるということが言えると思います。

特許庁の電子図書館は、無料で利用することが可能ですし、
インターネットに接続して特許庁の電子図書館にアクセスするので、
平日・土・日・祝日を含めて24時間いつでも利用することが可能ですが、
データ蓄積、機器メンテナンスの時には利用が出来ず停止していることがありますので、その点の注意は必要です。

特許庁の電子図書館の簡単なマニュアルは、特許相談室に連絡したり、直接訪れることで紙冊子のマニュアルを頂くことが出来ますが、
ホームページからダウンロード可能ですから、
特許庁のホームページから電子図書館にアクセスしてダウンロードし、プリントアウトすれば手元でマニュアルを読むことが出来ます。

特許庁ってどんな役所?トップへ | 特許庁の電子図書館の活用方法>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。