特許庁ってどんな役所? > 特許庁 商標登録 > 特許庁の商標登録の出願について

特許庁 商標登録

特許庁の商標登録の出願について

特許庁商標登録をあたるために弁理士にお願いするといった方法もあり、
そういったことをしている弁理士の方も多くいて大半は10万から30万円ほどの費用が必要となってきますので、金銭面で余裕のある人が行うと良いでしょう。

自己出願をするほうが特許庁の商標登録は安く済みますし、
その方が良いというのは多くの人が知っていますが、
中には面倒で、いまいちよく分からなくてということで弁理士に依頼する方が多いということが事実です。

特許庁では商標登録に関する料金が改定される場合には、ホームページで最新情報として掲載しているので、
商標登録を行う人は、余裕があるのなら改定が行われる日に行っても良いと思いますが、
これは改定に関する情報が掲載されている時でないと行えません。

特許庁に自ら商標登録するにあたっては、様々なホームページでも商標登録に関する特許庁のページでも掲載されていますので、
それらを参考にすることで、問題なく行うことが可能であるということが言えるでしょう。

自ら商標登録することが出来る方が、多くの手続きを自分でこなす為にも自信にもつながりますし費用の節約にもなりますので、
商標登録を行うならば分からなければ人に聞いたり調べたりするといったことを踏まえた上で自分でチャレンジしてみたいものですね。

<<米国の特許庁と各国の特許庁 | 特許庁ってどんな役所?トップへ | 【送料無料】御社の特許戦略がダメな理由>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。