特許庁ってどんな役所? > 特許庁 偽ブランド > 特許庁偽ブランド撲滅キャンペーン

特許庁 偽ブランド

特許庁偽ブランド撲滅キャンペーン

特許庁は、ブランド品で急増している偽ブランド品の被害を防ぐ為に、
模倣品撲滅キャンペーンを実施しています。
これは偽ブランド品で、そのブランドが被害を受けていることや、間違ってその偽ブランド品を手にしてしまい、
偽物に本物と同じかそれ以上の価格を支払ってしまい被害に合うケースなど様々あり、
これらの偽ブランド品の多くは海外などで生産されており、被害の多くかネットショップやオークションでの購入などにあたります。

特許庁が偽ブランド品の撃退マニュアルを公開しておりますが、何故特許庁がこのような偽ブランド品の撃退マニュアルを公開しているかというと商標登録や特許に関するものはすべて特許庁で申請されたり受理されたりなどされているからです。

特許庁はブランドが偽ブランドでその権利などを侵害されない為にも、このようにニセモノに関する注意を促すキャンペーンを実施し、権利の侵害をされないように様々な努力を展開しているのです。

分かりやすく特許庁では偽ブランドの見分けが出来るように漫画で検証を行ったりしていますので、それらを見て参考にしてニセモノを避ける努力をすることも大切ですし、
知識があることでこのようなトラブルを避けることも出来ます。

特許庁は、偽ブランドに関してのキャンペーンを展開しているのは、偽ブランドにより権利が侵害されている状態にしてしまうとブランド以外のことも権利が侵害されやすくなる危険があるのでそれらを防ぐ為に努力しているのです。

特許庁ってどんな役所?トップへ | 特許庁の電子図書館の活用方法>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。