特許庁ってどんな役所? > 特許庁 偽ブランド > 特許庁の商標と偽ブランド

特許庁 偽ブランド

特許庁の商標と偽ブランド

特許庁は、偽ブランドでのトラブルを防ぐ為にマニュアルを公開していますし、
偽ブランドの危険に対しても掲載されているのですが、この偽ブランドの危険を知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

特許庁では、良いものを製作して形にしているものに関して商標という形を示しています。
この商標は、その商品やメーカーが今まで長い時間をかけて作り上げてきた信頼を商標法で商標権として保護しているので、
ブランドにはもちろんこの商標権があり偽ブランドは商標を侵害しています。

商標は、偽ブランドでは表示できませんし、商標が表示できるのは本物だけであり、
特許庁ではそのような注意を掲載していますが、ニセモノでもネットショップやオークションで掲載していることもあるのでこれらの注意を促しています。

特許庁では、偽ブランドの商標表示は、商標法違反ということを掲載していますので、掲載している場合は違法取引となりますし、
何より警察の取り締まり対象になりますので、オークションやネットショップには本物やそっくりなどの表記をして売った場合商標権侵害になります。

特許庁では、偽ブランドの売買に関する注意をこのように促していますので、多くの人に偽ブランドの取引は違法であるということを知ってもらう為にも特許庁は努力を今後も続けていかなければなりません。

特許庁ってどんな役所?トップへ | 特許庁の電子図書館の活用方法>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。