特許庁ってどんな役所? > 特許庁 米国 > 米国の特許庁のデータベース

特許庁 米国

米国の特許庁のデータベース

米国特許庁は、特許や商標権を検索できるデータベースシステムをウェブ上で公開していますが、検索方式も様々で、
表示はテキストの前文かイメージ形式となっていますのでいずれか好きなほうを選んでおくと良いと思います。

米国特許庁のホームページで特許のデータベースを閲覧する場合にはAlterna Tiffをインストールしておく必要性があり、
これは無料で使用できますがインストールするのは、テキストやイメージを閲覧する為で、テキストの場合は実施例部が見難いですがイメージは丈夫の中央のアイコンをクリックすることで閲覧することが可能です。

米国特許庁の商標権検索データベースではベーシック検索とアドバンス検索が可能で、それ以外にも米国特許庁のホームページには、登録公報や公開公報を掲載していますから確認してみると良いでしょう。

登録公報は米国特許庁の登録後に発行される従来の米国特許公報で、
公開公報は、出願後18ヵ月後発行で2000年11月29日出願以降分となっているので、それ以前の公開公報はありません。

米国特許庁のデータは無料で検索が行えますし商標の検索表示も可能ですから、米国での申請の場合はこれらを参考にしておくとよいということが分かりますね。

特許庁ってどんな役所?トップへ | 特許庁の電子図書館の活用方法>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。