特許庁ってどんな役所? > 特許庁 米国 > 米国の特許庁と各国の特許庁

特許庁 米国

米国の特許庁と各国の特許庁

2008年に米国特許庁は欧州の特許庁との間で、
特別審査ハイウェイの試行プログラムを実施すると発表しており、
これは特許審査ハイウェイが第1国の特許庁で特許可能と判断された出願が第2国の特許庁で簡単な手続きで早期審査が受けられるようにするということが可能となるということです。

米国の特許庁は、これまでにこのようなプログラムを日本の特許庁との本格実施を行っていたり、
英国知的財産庁やカナダ知的財産庁、韓国知的財産庁、豪州知的財産庁との試行プログラムを開始していて、欧州との試行プログラムを開始されると米国としては6カ国の地域となります。

このようなことが出来るようになると、他国への申請をすることも簡単に可能ですし、とても便利に使うことが出来るようになりますので、米国の特許庁はこのように各国との連携を徐々に強化しているということが分かると思います。

米国の特許庁は、このように便利に利用することが出来ますし、日本の特許庁とのこのような実施プログラムを行っていることで、
米国への特許申請への代行会社があるということがうなずけると思います。
世界各国の特許庁が連携する方向でまとまっていけば、多くの知的財産が共有されていき、
それぞれの国の開発などにも大いに役立つことが言えますので、米国の特許庁などとの試行プロラムは今後もしっかりとした本格的なプログラムに変化していくと良いですね。

<<特許庁の電子図書館の活用方法 | 特許庁ってどんな役所?トップへ | 特許庁の電子図書館マニュアル>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。