特許庁ってどんな役所? > 特許庁 ヨーロッパ > ヨーロッパと特許庁の条約について

特許庁 ヨーロッパ

ヨーロッパと特許庁の条約について

ヨーロッパ特許庁は、
特許条約に基づいて設立がされている地域特許庁になるのですが、ヨーロッパの特許庁には加盟国があり、
この加盟国ヨーロッパの特許庁で特許を管理したり申請したりすることが出来るようになっています。

ヨーロッパの特許庁の加盟国は、オーストリア、ドイツ、オランダと主要国から始まり、ブルガリア、ベルギー、フィンランド、ギリシャ、ハンガリー、スペイン、イギリス、スイス、トルコなど全部で2008年1月には34カ国が加盟していて、これはヨーロッパの特許条約の締約国が含まれています。

またヨーロッパの特許庁の加盟国ではないものの拡張国として、ヨーロッパの特許庁に保護を求められる国があり、それはボスニア、セルビアモンテネグロ、マケドニア、アルバニアの4カ国となっていますので、全部で保護を求められるのが38カ国になるということが分かります。

このようにヨーロッパの特許庁には多くの国が加盟していて、それぞれが特許を申請できることにより、特許に関する情報、そしてそれらを元に技術開発や研究などがスムーズに行えることが出来るのがわかります。

ヨーロッパの特許庁に多くの国が加盟していたり保護を求められることが出来るというのは、それぞれの国の知的財産に関する情報を共有することが出来るので、ヨーロッパではスムーズに特許について行えると思います。

特許庁ってどんな役所?トップへ | 特許庁の電子図書館の活用方法>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。