特許庁ってどんな役所? > 特許庁 審査官 > 特許庁の審査官について

特許庁 審査官

特許庁の審査官について

審査官は、特許庁の職員であり、特許出願・意匠登録出願・商標登録出願などの審査を行っており
特許出願はそれぞれの国の特許庁の審査官によって行われているため、非常に重要な役割であるということが分かります。

特許庁の職員である、この審査官になるためには、条件を満たす審査官の資格が必要であり、これらは特許法によって定められているので、なるにはそれぞれの資格を満たしていなければなりません。

特許庁の審査官は国家公務員採用種試験の合格者から採用されたり特許庁独自で試験を行っていたりしますので、審査官になるにも様々な試験があるのも分かります。

2004年度からは任期付審査官というものが特許庁で導入されこれは特許審査を迅速化するために一般職の任期付採用の職員などの法律に基づいて毎年100人ずつ採用されていますので、
審査官にも著名人がいるのが分かると思います。

特許庁の審査官には著名な審査官も中にはいて、学者や新聞社長などから海外では作曲家などもいますので、著名人でもこのような審査官の職に携わることが分かりますね。

特許庁ってどんな役所?トップへ | 特許庁の電子図書館の活用方法>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。