特許庁ってどんな役所? > 特許庁 審査官 > 特許庁の著名な審査官

特許庁 審査官

特許庁の著名な審査官

特許庁審査官には著名な方がなっていることもありますが、
著名な審査官は本野英吉郎という元読売新聞社の社長、植村昭三という元世界知的所有権事務局次長、そして八木橋正雄というギリシア語研究者、言語学者がいます。
海外での特許庁の審査官には物理学者のアルベルト・アインシュタインがスイス特許庁に勤務しており、
作曲家のクット・アッテルベリがスウェーデンの特許庁に勤務していて、このように特許庁に著名な審査官がいることも分かります。

著名な審査官がいるというのは、もちろん特許庁の資格に則って審査官となっていますが、
これらの著名人が審査官になっていることには、誰でもうなずけると思いますし、それだけの知識があるということが分かります。

審査官に著名人がいることは特許などの審査においてとても参考になるような知識もありますし、
このことからも特許庁の審査では様々な知識が必要であるということや、視野も広いほうがいいということが感じられると思います。
特許庁には、通常の職員から審査官になるにも様々な知識が必要ですが、
著名人もその審査官になるにも、多くの知識を有しているということからも、申請の審査に関して非常に役立っているのが分かりますね。

<<特許庁の弁理士試験情報 | 特許庁ってどんな役所?トップへ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  • ハムスターブログ更新情報について
  • ★このトラックバックはハムスターブログ更新情報へping送信を行ったブログに対し自動で送信しています★ハムスターと関係のないブログからのpingはご遠慮くださいますようお願いいたします。
  • 2011-06-05 07:47
  • ハムスターブログ更新情報


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。