特許庁ってどんな役所? > 特許庁 世界 > 世界の特許庁の会合

特許庁 世界

世界の特許庁の会合

世界特許庁で会合が行われることがありますが、参加するのは主に五大特許庁で、ヨーロッパ特許庁、米国、日本、中国、韓国が五大特許庁となっており、それぞれが各地域の代表をしていることも分かります。

世界の特許庁で行われた会合の五大特許庁での会合ですが、会合の結果などを掲載されていたりもしますので、
これらが後々に特許庁によって制度が変わっていくということも分かると思います。

特許庁に関しては、世界の特許に関することが会合で話し合いが行われ、これは世界的に急増している特許出願への対策や、
複数国にまたがる重複的な出願に関わる手続くを簡素化させるために、サーチや審査結果の相互利用なども考えているのも分かります。

特許審査実務を世界各国の特許庁でそれぞれ比較し、
どのようなものがいいのかというのを話し合い取り入れていくことで、特許申請などに関しての手続きが各国で統一されていけば、申請する側も難しく考えずに済みます。

世界各国の特許手続きなどを効率よくするためにもこのように世界レベルの五大特許庁の会合が行われており、
これは多くの知的財産などに関する保護などの為にも必要であることからも理解できますね。

<<特許庁の商標登録を代行してもらう場合 | 特許庁ってどんな役所?トップへ | 【送料無料】弁理士短答式過去問セレクト(2)>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。