特許庁 電子図書館

特許庁の電子図書館のデータ

特許庁電子図書館には、様々なサービスが行われており、
それを利用することで特許について検索したり特許の分類を知ることが出来たり、
データベース化されているので、明治時代のものから見ることが出来ます。

初心者向けの簡易検索が特許庁の電子図書館サービスにあり、
これは商標情報、商標見本イメージなどを見ることが出来るのですが、
明治以降の蓄積されたもので、権利抹消されているものに関して見れません。

特許分類検索が特許庁は行えるように電子図書館にそのようなプログラムを組んでいますし、
このように様々な特許についてのことが調べられるというのが、特許庁の電子図書館ならではということが分かると思います。

上手く使いこなせるように、独立行政法人、工場所有権情報研修館のホームページには、
特許庁の電子図書館についてのサービスが掲載されていますので、それを見ていくことで自分が何をしたいのかが分かっていればあわせていけると思います。

特許庁の電子図書館を便利に使いこなす為にも、まずサービスをしっかり把握しておくということが大切だということも分かりますし、把握しておくことで様々な活用方法も見えてきますね。

特許庁 電子図書館

特許庁の電子図書館の利用

特許庁電子図書館は、明治以来の特許公報などを調べることが出来るサービスですが、
特許に出願する人にとって出願などのやり方を調べることも出来ますし出願書類の作成方法も知ることも出来ますので、特許を出願したい人には電子図書館を上手く利用することが大切です

出願などに関する情報は特許庁の提供している電子図書館のマニュアルや、
各サービスのご利用方法について掲載しているホームページにリンクもされているので、簡単に探すことが出来ますから迷うことがありません。

特許庁の電子図書館には、サービスの利用方法を掲載しているホームページがありますので、
それを参考にするとチャート形式で順序良く、特許情報の見方を知ることが出来ますので、まったく分からない場合は参考にすると良いでしょう。

特許庁の電子図書館を上手く利用することで、個人で特許を申請するにも、企業で申請を行うにも、
特許がすでに取られているか取られていないかも十分に確認できますし、出願方法も掲載されていて、細かく分かりますから、予め参考にすることを考えておくと出願の時に便利です。

特許庁の電子図書館は、特許の為の様々なことを知ることが出来ますから、出願の為にも有効活用すると良いですし、
また自分で何か特許をとれないか考えているならば、調べることに利用するのも良いですね。

特許庁 電子図書館

特許庁の電子図書館マニュアル

特許庁電子図書館の操作方法は、
ヘルプデスクか、各都道府県の知的所有権センターに常勤している検索アドバイザー、特許電子図書館情報検索指導アドバイザーに問い合わせることで教えてもらえますので
分からない場合は、各方面に問い合わせると良いです。

各地的所有権センターには、無料で閲覧できる特許庁の電子図書館の専用回線端末が設置されており
無料で閲覧できるので、知的所有権センターに訪れてアドバイザーに教えてもらうといった方法も取ることも良いと思います。

特許庁の電子図書館の操作方法は、PDFのマニュアルが掲載されているのでダウンロードしてプリントアウトすると利用することも簡単なので、とても便利だと思いますし、
そういった方法を取るとブラウザを交互にみなくて済むのが良いと思います。

各項目ごとにダウンロードすることも特許庁の電子図書館のマニュアルは可能なのですが、
初心者ならば初心者向けを選んで印刷できますし、全頁を一回でダウンロードすることも可能です。

電子図書館マニュアルを全頁ダウンロードすることで、各項目ごとにダウンロードしなくて済みますが、
全頁ではなく項目で選びたい場合は電子図書館マニュアルの項目ごとに確認してダウンロードすると良いですね。

特許庁 電子図書館

特許庁の電子図書館の活用方法

特許庁電子図書館のマニュアルに、特許庁の電子図書館の有効な活用方法について掲載されているので、
それらを見ることで活用方法も色々と考えることも出来ますし、研究を行っている方にはメリットがあります。

権利の確認と無駄な研究と開発の防止、
そして最新技術情報を入手することが、特許庁の電子図書館を利用することで可能ですから、
出願するような研究を行いたい人、最新技術を研究している人にはとても良いと思います。

特許庁の電子図書館は、大きく6つのメニューがあり、初心者向け検索。特許実用新案検索、意匠検索、商標検索、審判検索、経過情報検索があり、
経過情報検索は審査、登録、審判などの詳細経過情報が掲載されています。

初心者向け検索には、指定したキーワードで検索できるように簡単な内容で手軽に検索することが出来るようになっているので、
最初はそれを利用し、あとで分類の照会や文献情報を検索するととても良いでしょう。

特許庁の電子図書館には、このようにサービスが充実していることからも、研究を行っている人、色々と開発をしてみたい人の場合は予め検索しておくと便利に使用することが出来ますし
、無駄な研究をしなくて済むようになるのが分かりますね。

特許庁 電子図書館

特許庁の電子図書館について

特許庁には、特許電子図書館という総合的な産業財産権情報を保有しているものを創設して開放していて、
特許電子図書館は英語でIndustrial Property Digital Library通称IPDLと呼ばれています。

特許庁では、IPDLを創設することで、
産業財産権情報を公開していることで検索する人にとってはインターネットで特許庁で
このように検索できるということがとても便利ですし
審査経過情報などをこの電子図書館で情報公開されているので、
特許庁の電子図書館はこれから特許を申請する人にも、
特許について興味があり調べてみたい人にもとても最適で楽しめるものであるということが言えると思います。

特許庁の電子図書館は、無料で利用することが可能ですし、
インターネットに接続して特許庁の電子図書館にアクセスするので、
平日・土・日・祝日を含めて24時間いつでも利用することが可能ですが、
データ蓄積、機器メンテナンスの時には利用が出来ず停止していることがありますので、その点の注意は必要です。

特許庁の電子図書館の簡単なマニュアルは、特許相談室に連絡したり、直接訪れることで紙冊子のマニュアルを頂くことが出来ますが、
ホームページからダウンロード可能ですから、
特許庁のホームページから電子図書館にアクセスしてダウンロードし、プリントアウトすれば手元でマニュアルを読むことが出来ます。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。