特許庁 米国

米国の特許庁データベース

米国特許庁でのホームページでは無料で、
米国特許の登録と公開、商標の検索と表示が可能で、これらは日本の特許庁のホームページでも同じことが可能となっているので、
特別に遜色はありませんが米国の場合はAltena Tiffをインストールしておく必要性があります。

検索方式です、米国特許庁の場合は、クイックサーチですと2個以内の単語か、フレーズの簡易検索ですし、
アドバンスサーチは演算子を用いた複雑検索可能となっているのですし、ナンバーサーチでは特許番号より検索が可能です。

特許庁はサービス時間は24時間毎日提供で、毎日提供されているので、検索することが可能ですので米国の特許庁のページを確認するのは時間帯に問題がありません。

データーベースは無料で利用できますから検索も無料で行うことも可能ですので
米国特許庁のホームページも有効活用することによって米国の特許についてとても便利に行うことが可能ですし、学ぶことで米国の特許を知ることが出来ます。

詳しいことを知ることによって米国での特許申請を学ぶことが出来ますから、
米国特許庁のホームページでしっかりと学んでおくことが可能ですし、
米国での申請を行いたい人は、ホームページから、学んでおくと良いことがいえますね。

特許庁 米国

米国の特許庁と各国の特許庁

2008年に米国特許庁は欧州の特許庁との間で、
特別審査ハイウェイの試行プログラムを実施すると発表しており、
これは特許審査ハイウェイが第1国の特許庁で特許可能と判断された出願が第2国の特許庁で簡単な手続きで早期審査が受けられるようにするということが可能となるということです。

米国の特許庁は、これまでにこのようなプログラムを日本の特許庁との本格実施を行っていたり、
英国知的財産庁やカナダ知的財産庁、韓国知的財産庁、豪州知的財産庁との試行プログラムを開始していて、欧州との試行プログラムを開始されると米国としては6カ国の地域となります。

このようなことが出来るようになると、他国への申請をすることも簡単に可能ですし、とても便利に使うことが出来るようになりますので、米国の特許庁はこのように各国との連携を徐々に強化しているということが分かると思います。

米国の特許庁は、このように便利に利用することが出来ますし、日本の特許庁とのこのような実施プログラムを行っていることで、
米国への特許申請への代行会社があるということがうなずけると思います。
世界各国の特許庁が連携する方向でまとまっていけば、多くの知的財産が共有されていき、
それぞれの国の開発などにも大いに役立つことが言えますので、米国の特許庁などとの試行プロラムは今後もしっかりとした本格的なプログラムに変化していくと良いですね。

特許庁 米国

米国の特許庁のデータベース

米国特許庁は、特許や商標権を検索できるデータベースシステムをウェブ上で公開していますが、検索方式も様々で、
表示はテキストの前文かイメージ形式となっていますのでいずれか好きなほうを選んでおくと良いと思います。

米国特許庁のホームページで特許のデータベースを閲覧する場合にはAlterna Tiffをインストールしておく必要性があり、
これは無料で使用できますがインストールするのは、テキストやイメージを閲覧する為で、テキストの場合は実施例部が見難いですがイメージは丈夫の中央のアイコンをクリックすることで閲覧することが可能です。

米国特許庁の商標権検索データベースではベーシック検索とアドバンス検索が可能で、それ以外にも米国特許庁のホームページには、登録公報や公開公報を掲載していますから確認してみると良いでしょう。

登録公報は米国特許庁の登録後に発行される従来の米国特許公報で、
公開公報は、出願後18ヵ月後発行で2000年11月29日出願以降分となっているので、それ以前の公開公報はありません。

米国特許庁のデータは無料で検索が行えますし商標の検索表示も可能ですから、米国での申請の場合はこれらを参考にしておくとよいということが分かりますね。

特許庁 米国

米国の特許庁について

米国にも特許庁がありまして、名前を日本語では米国特許商標庁といい、
英語ではThe United States Patent and Trademark Officeといい、略してUSPTOやPTというように呼ばれています。

米国の特許庁は、米国の連邦政府の商務省に属する機関で、
日本と同じで特許及び商標の権利に関して権利付与を所掌しています。
日本の特許庁の意匠に相当する、
デザイン特許や植物特許も、米国の特許法では保護の対象となっていて、米国の特許庁にはこれらの権利付与も含まれています。

米国の特許庁には日本の実用新案に相当する制度は存在していませんし、
植物関連に関しては、農務省に植物品種保護法が別途存在しているので、米国の特許庁は日本と比べると他の庁も関わってくるということが分かります。

米国と特許庁の本庁舎はバージニア州のアレクサンドリアに位置していて、特許商標は米国も日本と同じようにウェブで検索できるシステムも公開しています。

日本と比べると、米国の特許庁は複雑に感じることもありますが、殆どの内容は変わりませんし、
仕組が少し違うだけですので、米国も視野に入れている場合は、仕組を簡単でもいいので知っておくといいと思います。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。