特許庁 ヨーロッパ

ヨーロッパ特許庁と各国の特許

ヨーロッパ特許庁は、ヨーロッパの特許条約に基づいて行われていますが、
ヨーロッパ特許庁が付与する特許は国内特許の束というように言われていて、
これはヨーロッパ特許庁に対して複数の国における特許を取得できることとこの特許権の効力が各締約国の国内法廷で定める為国によって異なることが挙げられます。

また成立した特許権の有効性は、国ごとに毎回争われることもヨーロッパ特許庁の付与す特許について国内特許の束というように言われているということが分かります。

ヨーロッパ特許庁は、締約国が34カ国そして拡張国として保護をされているのが4カ国と全部で38カ国がありますので、
それぞれの国によって、特許について各国ごとによって争われるということがあります。

それぞれの特許に関して、ヨーロッパの特許庁がこのように一つにまとめられているからこそ、ヨーロッパ特許庁として成り立っているのですが、これはヨーロッパ特許庁は条約によってまとめられているからこそということがいえます。

ヨーロッパ特許庁で指定して、一括して保護を求めることも国内特許としての保護を求めることも可能ですし、このようにヨーロッパの特許庁は国によって行われているので多くの国がまとまっているということが分かりますね。

特許庁 ヨーロッパ

ヨーロッパ特許庁のデータベース

ヨーロッパ特許庁のデータベースは、日本語で検索できるようになっているホームページがあり、
これを利用することで、ヨーロッパ特許庁のデータを検索することが可能となっています。

ヨーロッパの特許庁のデータベースの日本語版は、クイックサーチという簡単な検索から、入力が面の検索を行う高度の検索、
そして公報番号や出願番号による検索が行える番号検索、ヨーロッパ特許庁の分類システム検索が行えます。

日本語版ですが、一部は英語で掲載されていますから、メンテナンスについても掲載されていますがこれらは英語になっているので、分からない場合は翻訳サイトを有効的に活用すると良いでしょう。

使い方が学べる短編eラーニングモジュールもありますので、それらを通じて、ヨーロッパ特許庁の日本語版の使い方を学んでみるのも良いと思いますし、
Newsの項目では、クイズが出題されていて、これはデータベースを検索する内容なので自ずと使い方が学べます。
日本語でも使用できるデータベースがあれば、ヨーロッパの特許庁の内容も分かりやすくなりますので、海外を視野に入れている場合はこのようなホームページも検索しておくと大切であるということがいえますね。

特許庁 ヨーロッパ

ヨーロッパと特許庁の条約について

ヨーロッパ特許庁は、
特許条約に基づいて設立がされている地域特許庁になるのですが、ヨーロッパの特許庁には加盟国があり、
この加盟国ヨーロッパの特許庁で特許を管理したり申請したりすることが出来るようになっています。

ヨーロッパの特許庁の加盟国は、オーストリア、ドイツ、オランダと主要国から始まり、ブルガリア、ベルギー、フィンランド、ギリシャ、ハンガリー、スペイン、イギリス、スイス、トルコなど全部で2008年1月には34カ国が加盟していて、これはヨーロッパの特許条約の締約国が含まれています。

またヨーロッパの特許庁の加盟国ではないものの拡張国として、ヨーロッパの特許庁に保護を求められる国があり、それはボスニア、セルビアモンテネグロ、マケドニア、アルバニアの4カ国となっていますので、全部で保護を求められるのが38カ国になるということが分かります。

このようにヨーロッパの特許庁には多くの国が加盟していて、それぞれが特許を申請できることにより、特許に関する情報、そしてそれらを元に技術開発や研究などがスムーズに行えることが出来るのがわかります。

ヨーロッパの特許庁に多くの国が加盟していたり保護を求められることが出来るというのは、それぞれの国の知的財産に関する情報を共有することが出来るので、ヨーロッパではスムーズに特許について行えると思います。

特許庁 ヨーロッパ

ヨーロッパの特許庁について

ヨーロッパ特許庁は、ヨーロッパ特許条約に基づいて設立された地域特許庁で、
ドイツのミュンヘンに本部が置かれていますが、支局はオランダのハーグ、ドイツのベル院、オーストリアのウィーンにあります。

ヨーロッパの特許庁は独自の条約によって設立がされるようになった機関で、国際機関として独立していますし、ヨーロッパ連合との間に密接な協力関係を有しています。

特許のみをヨーロッパの特許庁は管理していて、商標などは管理しておらず、商標にかんしては、国際機関でヨーロッパ連合の下部組織にあるヨーロッパ共同体商標意匠庁が設置されています。

このようにヨーロッパの特許庁では管理している内容が少ないものの、ヨーロッパ全体を管理しているので、商標に関しては、そのように別の組織での管理が必要となっているということが分かります。

ヨーロッパの特許庁は、独自の条約でこのように運営と管理が行われていますが、このように特許庁で独自の条約で管理が行われているということが他の国の特許庁と違っているということが分かりますね。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。